http://kerorin.exblog.jp/

     (;´Д`)
by kerokerorinrin


以前の記事
DIOの世界
 寒い。寒い。一気に秋を通り越して冬になったんじゃあるまいか。寒くて寒くてこりゃたまらん。
 
 快適すぎてこりゃたまらん。

 私は冬が大好きだ。寒くなれば寒くなるほど布団の中の快適度は増してゆく。こたつで寝るのは気持ちいいし、鍋は美味しい。ストーブの上で焼く餅やスルメ、干し芋も格別だ。

 外出する時も寒い時はたくさん着込めばいいのだ。マフラーして帽子かぶって手袋まですれば、問題なく行動できる気がする。
 どっこい夏はそうはいかない。暑いからといって薄着になっていけば行き着く先は全裸。署内の冷房狙いならあながち間違ってもいない作戦だが・・・。

 ちなみに女の子の格好も冬着の方が好きだ。
 
 確かに夏の薄着の女性を視姦するという行為は、日本紳士の嗜みであるから否定する事は出来ないが、マフラーをくるくる巻いてコートを着てる女の子達は夏の薄着よりも御洒落な感じがしてすごく可愛らしい。夏よりも着るものが多い分個性も出やすいように思われる。

 ただ服が高い、冬は。夏はTシャツ着てれば良かったけど、冬はいろいろ着なきゃいけない分金がかかる。単価も高い。コートもマフラーも一つだけで、一冬を乗り越えるってのもちょっと味気ないから、いろいろ買わなくちゃいけないし・・・。

 じゃあどうする。つまり無理して外出しなければいいのだ。そうだ、別に用事もないしな。食料買い込んでタバコもカートン買いしておこう。別に冬服の女の子見に行かなくてもいいか、よく考えりゃ出会いがあるわけでもないしな。
 
 てなわけでこの冬はより一層引き篭もり道を邁進しようと心に決めたのでした。おしまい。
[PR]
by kerokerorinrin | 2004-11-15 17:52 | 日記
<< 一夢庵風流記 エキサイトバイク >>