http://kerorin.exblog.jp/

     (;´Д`)
by kerokerorinrin


以前の記事
不死鳥ハヤブサ
b0059380_17463267.jpg ハヤブサっていうレスラーがいたんです。今は亡きFMWという団体に所属していながら海外で試合したり、馬場さん存命の頃の全日本プロレスに参加したりしてたから、やっぱりレスラーとしての評価は高かったんだと思う。

 以前自分が1番好きなレスラーは初代タイガーマスクだと書いた。もちろんそれは本当なんだけど、ちゃんと映像を見たのは高校も卒業間近だったと思う。それまでは名前と「凄かったらしい」という話しか知らなかったのよね。


 その頃はいろんなプロレスを見てた頃だったから、1番好きなレスラーって聞かれると難しいんだけど、やっぱりハヤブサが1番好きだったかなぁと今になって思うのれす。


 初代タイガーマスクの魅力はその完成度の高さであり、蹴り、絞め、投げを完璧に実践しているところ。ルチャリブレにも英国風のグラウンドレスリングにも打撃プロレスにも問題なく順応できるってやっぱ天才です、アスリートとして。

 
 でもハヤブサはそれとは違う。もちろん飛び技は素晴らしかったし、なによりも種類が豊富だったのは文句なくかっこよかったんだけど、そこに付随する「危うさ」や「無謀さ」こそが魅力的だった。あれだけの技を持ちながら電流爆破とかもやっちゃうんだから。これは元WWEのジェフハーディなんかにも通じる部分だと思う。もちろん彼も大好きでしたよ。

 それにあのマスクもかっこよかった。マスクってか衣装全体から出るオーラが。体の線が細いのがまたかっこよくてね。それだけにマスクとってHと名乗った時はちょっと残念だった。まぁそれはそれでかっこよかったんだけど、すぐにハヤブサに戻ってよかったよ。ほんとかっこよかったわぁ・・・・・・・。



・・・・・・・・・。ここまで読んで彼を知らなかった人は疑問に思った事があるはず。なぜ過去形なのか?彼は68年生まれだからまだ引退する年齢ではないし、もちろん俺がハヤブサを嫌いになるわけもない。


 単刀直入に言うと、ハヤブサは今リハビリ中です。その無謀さが仇となったのかどうかは分からないけど、01年10月の試合中に事故は起こりました。

 セカンドロープ(3本中真ん中のロープね)からリング内へムーンサルトを放とうとした刹那、ロープが緩んでいたのか足が滑ったのか、ハヤブサは顔からマットにグシャッって感じで突き刺さります。動かないハヤブサ、騒然となる場内。

 すぐに運ばれましたが、すでに全身麻痺。それからしばらくしてリハビリを開始したみたいだけど未だリング復帰のメドは立たず。今は歩ける位には回復してきたみたいだけど・・・。

 そういえば平井堅の「LIFE IS・・・」って曲のPVにハヤブサが出演していた。白黒の映像でゆっくり車椅子から立ち上がるハヤブサ。曲の良さも相まって泣けて泣けてしょうがなかった。

 

 でも俺は何年後になろうと待ってるから。ハヤブサの得意技の一つフェニックススプラッシュ。その名の通り彼は不死鳥として戻ってきてくれるはず。復帰戦のその日、多分俺は泣くだろう。

 

 「お楽しみはこれからだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」
 
[PR]
by kerokerorinrin | 2005-01-31 17:46 | 独り言
<< GOD SAVE THE QUEEN 蹴球万歳 >>