http://kerorin.exblog.jp/

     (;´Д`)
by kerokerorinrin


以前の記事
うーん
 今日はちょっとイヤなものを見た。とは言っても2ちゃんねるの中の話なんだけど。

 自分は人の身体的特徴を指して馬鹿にしたりするのが大嫌いなんです。性格とかの問題なら治しようがある。けれど生まれ持った体とかはどうしようもないから、辛くてもそれを自分で認めて納得して付き合っていくしかない。他人にいろいろ言われる筋合いはないのだ。

 大体身体的なコンプレックスを持ってない人間なんていないはず。かつら、整形などそこに付け込む商売だって今は氾濫している。自分の悩みを棚に挙げて人を馬鹿にするなんてとても正気とは思えない。まぁ周りの雰囲気や流れに乗せられたって部分も当然あるんだろうけど。

 いっそ道化になって自分のその部分をさらけ出すという方法も無い訳では無い。けれどもそれは周りの背徳間や罪悪感を軽減させるだけで、自分の気持ちを楽にすることには繋がらないだろう。一瞬忘れられても鏡を見ればまた目の前に突きつけられる現実なんだから。何よりも気丈に振舞ってるのが痛々しく感じられてしまう。

 現実世界なら当然の事、しかし例えネットであっても超えてはならない一線というものはあるのではないか。もっともこの一線なんてのはあやふやなものだから、今ここで自分が定義できるものではないけれど、少なくとも自分はある種のモラルや倫理などに沿って生きていこうとは思うのです。

 なぜなら自分もまた多くのコンプレックスを抱えて生きていかなくてはいけないから。

今回はちょっと独りよがりな文になってしまいました。きれい事過ぎるという向きもあるかもしれません。でも偽らざる本音をちょっと書いてみたくなったので、どうかお許し下さい。

 
[PR]
by kerokerorinrin | 2004-11-10 02:36 | 日記
<< アクセス規制・・・ 大学 >>